東日本震災被災地、宮城県登米市初訪問

ほとんどが南三陸から移転して来られた方の仮設住宅のあるところで、4時過ぎに現地に入ってももう人影はあまり見られません。
雪だし店もなし、出歩いたりしないよねえ、という感じでしたが、子どもたちはやってきてくれました。
いつもくる3人と、上級生2人だそうです。
少人数と聞いていたのでお手玉をしたり、ウサギのかくれんぼ、ひつじさんのおにわなどで遊んでから、「いろいろおふろはいり隊」と新しく編んだくまさんの「みんなおやすみ・・・」をとても喜んでくれました。
編んでるが終わると待ちかねたように部屋のすみに運んでカレーやシチュウを使って、レストランごっこ?おかあさんごっこ?
汽車の時間がなかったらずっと遊んでいたい、そんな気持ちでした。

概要

  • 主催:こども未来館
  • 会場:宮城県登米市南方仮設住宅 集会場
  • 日時:2013年1月23日(水)5時~6時

訪問実績

訪問実績は東日本大震災被災地訪問をご覧ください。