東日本震災被災地 福島訪問

 11月21日から23日までの3日間福島郡山市内、二本松市内などの仮設住宅にある集会場で編んでるシアターを行ってきました。
2010年度のパナソニック教育財団から「心を育む活動」の個人賞をいただいたご縁でお伺いすることになったNPO法人ビーンズふくしまが行っている、うつくしまふくしま子ども未来応援プロジェクトの一環で21日は郡山市富岡町にある仮設住宅内にあるおだがいさまセンターでの編んでるです。
このおだがいさまセンターは仮設に暮らす皆さんの相談受付や、情報交換、ラジオ局など様々な活動が行われています。

 11月22日は二本松市安達運動場応急仮設住宅集会場での編んでるです。
子どもたちは学校が終わるとここに集まり宿題などや勉強など、解らないところがあるとボランティアの大学生のお兄さん、お姉さんに聞いたり、話相手になったりしてもらっているようです。
幼稚園児から5年生までが集まってくれましたが、ここでは小さい頃から心の中に育っていた絵本が編んでるシアターという形で現れて、担当者が驚くほど静まり返り聞き入ってくれました。
対象が絞りづらく、はらぺこあおむし、にゃーご、しゅくだいなどを選びましたがこれが、あっ、知ってる絵本!で、良かったようです。
手遊びももちろんなっとうも、おあそびたいむでは順番待ちでした。

イベント概要

  • 11月21日(水):おだがいさまセンター(郡山市富田町仮設住宅内)
  • 11月22日(木):二本松市安達運動場応急仮設集会場(二本松市油井)
訪問実績は東日本大震災被災地訪問をご覧ください。